<< 最近買ってよかったもの | main | Raspbianインストール済みのmicroSDカード >>

エルティカ・セブン

22:11 2018.04.15 Sunday ラズパイ Posted by esp
180415a.jpg
LEDをティカッと光らせる、つまりエルティカ。Lティカ・・・Lチカ、とも俗世では呼ばれているようですね。

では、セブンとはなんでしょう。なんでもありません。

タイトルなんて勢いなんです。偉い人はそれがわかっていない。
こういうところで悩んでいると、ブログを書く気すら失せてしまい、ブログは中の人の住めないコンテンツになってしまう。

だから勢いで投稿が弾んでいくツイッターみたいなコンテンツは苦手なんです。
つまり今回も「Lチカ=>エロティカ、なんとなく似てない?なんてことを思ってしまったが最後、タイトルに使うにあたって「セブン」要素の見せ所について悩んでみたりしました。少なくとも、先日の休日出勤の間はずっと。

しかしラズパイにも今後やろうとしていることにも「セブン」に絡む要素はない。出口のない迷路に迷い込んでしまったesp。このままでは投稿が危ぶまれる。

で、今日GPIOの勉強をしたりしてふと思い至ったのです。

















『どうでもいい』








そもそも俺この曲の世代でもないしエロティカセブンはサビしか知らんし、その程度の認識で繋がり求めてもそこに意味なんて生まれねぇですだよ。


180415b.jpg普通LEDをメインにして撮りますよネェ・・・? なんだよこのセンスのない写真。

シングルボードコンピュータとして名高いRaspberryPiを使って早5年(たぶん)、今更にしてLEDチカチカをやっています。

そもそも省エネRaspberryPiはWEBサーバとしての用途を見込んでいたので、電源とLANケーブルと外付けHDDくらいしか接続するつもりはなく、GPIOなんてものは蓋をしていたくらいであるにも関わらず、最近はブレッドボードおよびGPIOとにらめっこする日々が続いています。

それはなぜか? もちろんGPIOを遣えるようになりたいからです。
さらになぜか? 今流行っているIoTをやりたいのです。

というのも、昨年のブログで芋農家的なことを記事にしましたが、これが割とそれなりに収穫できて、しかも買ってくるよりもうまい、干し芋にしてみたもののこれまた買ってくるより全然うまい、ということで今年も無事に芋を植えることになったのです。

で、やはりエンジニアみたいな何かであるespとしてもそういうアプローチを今度こそ行いたいなと。
畑仕事に適したIoTっつったら、やっぱり大気の気温、同じく湿度、照度や気圧、土壌センサーってあたりですかね。
こういうのを接続するにあたってラズパイなら先駆者が多いのですぐになんとかできるだろうと思っていたんですけどできねぇ

今まで車のLEDテールランプとか作っていたけど、ただLED繋ぐだけなんて電子工作としては序の口というか電子工作って呼んでもいいのコレ? って感じでした。GPIOを使う(センサーを取り扱う)ってのは全然レベルが違うんだなぁ。

そういうことなので初歩的なLチカからチマチマ、チカチカ、コツコツと勉強しているわけです。勉強しててわかったのは、コスパとか設置性はどうあれ、流れるウィンカーとかは初歩の知識でも楽勝で作れそうです。


今後はある程度の形が見えるにつれ、備忘録的な意味でラズパイの基本的なセットアップやら配線の情報を記事にしていきたいと未来の自分に切望しています。

果たしてRyzenの自作PCの記事すら完結できていないespにそれができるのか? あーあー、もうZen2発表されちゃってるよ……



お菓子をねだる声が聞こえる……


JUGEMテーマ:コンピュータ

この記事に関するコメント