<< LEDライトからカレー鍋を閃き、巡音ルカに終わる日記 | main | 電源兼LEDハンディライト >>

広瀬香美は本当に冬の女王なのか?

21:27 2009.02.20 Friday 雑記 Posted by esp



フグのから揚げを食す。フグはうまいな。
今太田総理でやってるようなお高いフグを食べてみたい。

でも一緒に飲んでいるワインはそんなにおいしくない。
おそらく酒というのは、健全な精神の元に於いてウマいと思うものなのだ。
健全でない精神の元でのそれは、忘却の薬に成り下がってしまう。

そう、美味しいものを美味しいというのには、健全な精神が必要。


健全な精神は健全な肉体に宿る。

見よ。これは雪である。

高速道路を抜けるとそこは、ド田舎でした

失敬、そこは雪国でした。

前職(去年までの職)の同僚T氏の故郷、水上にやってきた。

ESP:す、すいじょう・・・?

T氏:みなかみだっ!!

ESP:コンビニが無いってほんと?

T氏:あるよっ

コンビニが無いって聞いていたので本当にド田舎なんだなぁ、と思っていた。ごめん。
でも彼が子供のころは本当に無かったらしく、現在でもセブン以外のコンビニが無い上、点在している状況。やっぱ田舎だよねぇ。

そういうことで、今日はノルン水上スキー場でスノーボードに初挑戦!
メンバーはESPとT氏、前職の新入社員INB君。

ESPは高校生のときに一度だけ使ったスキーウェア、前職のチェイサー乗りK氏から譲ってもらったスノボシューズ(?)、相方から借りたゴーグルや首を温めるなにか、INB君から帽子を、T氏のよりT氏の奥様のボードを借り受け、正に人のふんどしで完全武装。

そのすばらしい雄姿を見るかい? 見ようよ。 まぁいいや見るがいい!
どでーん

とりあえず初めてなので練習をさせてくれるらしい。

T氏:練習時間は30分だ。今日は10回は登るぞ。

INB君:いやー、いい雪ですね。柔らかくて最高いです。

T氏:じゃあ練習開始。15分ね

ESP:(゚д゚)


左足にボードを着けて、坂を上る。すごく疲れる。



T氏:まずは立てるようになろう。かかとに体重を置いてゆっくり立ち上がる。

ESP:おわおわわわわー(座ったまま滑っていく)

T氏:立てたらかかとに重心を置きつつ、一定の速度で前に進む練習。

ESP:あわあわわわわー(意思とは無関係にボードが縦になり高速で滑っていく)

INB氏:コントロールできなくなったら背中から倒れちゃうんですよー

ESP:バサッボフッ(顔から倒れる

T氏:よし、15分経ったかな。行こう






きちゃった。

ゲレンデに立つなんて10年以上昔の話だ。ESP、APR、赤い人、Iの4人でスキー場に来た我々は、スキー経験者の赤い人とIに中級だか上級のコースに連れて行かれ、置いていかれた

取り残された我々は数回転んだ後、視線を交わしうなづいた。
そして迷わず板を取り外し、歩いて下山したのだ。

それからというもの、ウィンタースポーツに良い思い出がなくなった俺はそれそのものに興味がなくなったのだった。


今回はT氏に頻繁に誘われたこともあって、古いスキーウェアを引っ張り出してきたって訳さ。
とりあえず滑るってみたが、いやぁ大変!

ブログのネタにしにくいのな(そっちか

必死に滑ってるから当然写真も動画も撮れないし、転んでるだけだから描写もしづらい。
とりあえず雪は柔らかかった。滑ってるだけで粉雪が舞うし、転ぶだけでそこはまるでダイヤモンドダスト。

とうぜんBGMは

ESP:こな〜〜〜〜ぁ〜〜ゆきぃ〜〜〜!!

ドザッズゾゾーーーー

ESP:こなーーー!!

ドスッ


T氏:ESPさん落ち着け! まずは立つんだ!

INB君:あ、あぐれっしぶ・・・


疲れたよう・・・手首が痛いよう・・・お尻が痛いよう・・・

T氏:大丈夫か? 休むかい?

うん・・・

T氏&INB君:じゃあいってきまーーー!

彼らはゲレンデに消えた。


転ぶときに手を突いた事で手首はまるで折れたよう。尻は痛いが、相方から貰った尻パッドのおかげでそんなでもないって思うことにした。つか普通にあってよかった。


思うに、スノボってのは両足が固定されているから不安定で、スキーのほうが安定性は高いと思っていた。
しかし、やってみるは実際は、固定されているかこそ安定性は高い。
逆に足が固定されていなかったら、転んだときなど足が折れる恐れがある。

なんだかんだ言ってこの日は7〜8回はリフトに乗って滑った。
速度が出すぎても調整できるくらいにはなったし、そこそこ風を感じて楽しめたのでよしとする。

今回はT氏が水上出身のため、今回かかった費用は高速代やらなんやら割り勘で2000円くらい。かなり安いらしい。
近々第二戦があると思われるので次回は後ろ向いて立てるようにがんばろるつもり。


途中で食べたT氏奥さんが作ったおにぎり。
転んだせいでつぶれてもちになっていたがうまかった。

ちなみにT氏とINB君は仕事上がりでしかも次の日は仕事。17時集合23時30分解散のスケジュールで俺はもうくたくた。
次の日の今日、筋肉痛で首が回らない俺は、仕事が無い状態である意味助かったが、くしゃみするだけで全身の筋肉が悲鳴を上げるぜ。花粉症のこうかはばつぐんだ!

ともあれこの調子で健全な肉体を取り戻せ!




JUGEMテーマ:日記・一般


スポンサーサイト

21:27 2020.02.23 Sunday - Posted by スポンサードリンク

この記事に関するコメント