<< 広瀬香美は本当に冬の女王なのか? | main | 職務経歴書は一度書いておけば次回からは楽ですよ。 >>

電源兼LEDハンディライト

20:55 2009.02.21 Saturday 雑記 Posted by esp


部屋が汚い。
とにかく汚いのでなんとかしようと数日前に考えた。

そして皆さん。今、俺の部屋はどうなったと思うだろうか。


汚いままだ。

人が掃除という崇高なる目的を達成しようとするとき、かならず立ちふさがるものがある。
『過去の遺産』である。それが眼前に現れたとき、人は懐古趣味に走るのだ。それは時として黒歴史でさえも対象となる。
すなわち日記があれば読み、漫画があれば読み、ラノベがあれば読み、ゲームの攻略本があれば読み、ゲームがあれば取説を読み、その多くが読書に繋がるとても有意義なものではあるが、自分にとっては違っていた。

一面に広がるLED、抵抗、テールライトの残骸、ヘッドライトの残骸、パソコンパーツ・・・

そう、これらのすべては構想段階で頓挫、あるいは凍結されたプロジェクトである。
ざっと見てみてこれだけのプロジェクトが志半ばのままだった。
・テールライトLED化
・ヘッドライトのイカリング
・電装系のコントロールボックス
・運転席パワーウィンドウスイッチのLED青化
・なんかいろいろ

これらを片付けないことには、いくら部屋をきれいにしてもまた作業を始めたときに散らかってしまう。つまり、部屋がきれいな状態を保つためにも、上述したプロジェクトは完成させる必要があるのだ。

そういうことなので突貫でパワーウインドウスイッチだけはなんとかした。後は取り付けるだけ。
ヘッドライト・テールライトはちょっと時間と手間がかかるので後回し気味。でもそろそろなんとかしないとなぁ・・・

で、なんかいろいろの中に含まれるもので「LED点灯用電源」と「ハンディライト」いうものがある。
店頭用電源とは、作成したLEDパーツの点灯チェックをするための12V電源を指している。
ハンディライトはちょっと暗いときに使えるライトがほしいと思った。

これらはすぐ作れそうなので作ってしまうことにした。
しかし、別々にそれぞれ作っていると物が増えてしまうことになり、部屋をきれいに保つためにもこれはよろしくない。それを踏まえて作成することにした。


というわけで完成。途中経過なんてつまらないんで載せません。

ACアダプタ差込口を設け、使いたいACアダプタを差し込むことで電圧は自由に調整できる。まぁ12Vしか使わないからこういう作り方なのだが。
あとは延びている線の先にあるワニ口をつなげれば電流が流れる仕組み。車用のLEDパーツの電源なんてこんなもんで十分。

そして筐体自体にLEDを埋め込み、こちらは単4電池4本を使うことで点灯可能。
車の作業他いろいろな作業に役立つ。それぞれ独立した機能なので、ACアダプタでLEDを点灯することは不可能。でもアルカリ乾電池を使うことで、5時間くらい点灯するみたいだ。十分だな。

では点灯式。
すごい。
普通に照らされてる。写真の部屋では光源は作成したこのパーツしかない。コレ一つで完全な照明とは言いがたいが、自転車用のライトとかに使えばかなり実用的。

そういえば自転車用ライトも作ろうとしていたな・・・これも考えておくか。
暇はあるんだから、作ろうと思っていたものはちょこちょこ作って物を減らしていこうと思う。
部屋の汚さに最近呆れてる相方がいつか爆発する前に・・・




JUGEMテーマ:日記・一般


スポンサーサイト

20:55 2020.02.23 Sunday - Posted by スポンサードリンク

この記事に関するコメント